読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想です。たまに書きたいこと。

ウェントワース女子刑務所 シーズン4第6話 感想

ウェントワース女子刑務所 シーズン4第6話 感想です。

 

第5話の感想はこちら ↓ ↓

 

 

meganetamago.hatenablog.com

 

 

看守のジャクソンを暴行したビー、

ファーガソンの罠にハマったアリー、

ファーガソンの差し金で新人を暴行しようとしたルーシーが、

それぞれ独房から一般棟に戻ってきました。

 

ビーが一般棟を留守にしていた間にも、

色々根回ししていたファーガソン

ビーの立場もますます危うくなったところに、

様々な問題が山積。

 

マキシンの病気の件も気になる回でした。

 

 

以下、ネタバレあり。

 

 

冒頭、ドリーンの個別面会からスタートしいきなり萎える。

刑務所内なのに浮かれてる呑気なドリーンと、

検査のためMRIに入るマキシンとの対比で、切なさが倍増しました。

 

 

ドリーン、個別面会での無事に行為を終えた高揚感で、

ありえない夫の申し出を受ける羽目に!

女友達と一緒に暮らしたいなんて申し出、承諾する?普通(笑)

 

100パーセント以上、いや、確実にその女と個別面会の行為やるよね?

また、情緒不安定になって、新たな問題引き起こすでしょ。

自分のことしか考えてないのに、さも自分は人のために動いてます!

みたいに善人ぶってるところが一番嫌い。

 

カズに、夫の浮気調査を頼んで、ビーに叱責されてたドリーンが、

「あなたは何もしてくれないじゃない!」ってキレてたけど、

いやいや、そっちもだから(笑)って思いました。

 

 

 

マキシン、ビーのお願いなんか聞いて、

ボス代理勤めてる間に治療が遅れて、本当に最悪の事態になった(涙)

 

 

ビー、もう手一杯で、追いつめられてて気が回らないのはわかるけど、

マキシンに文句まで言ってて、無神経なビーにさすがに腹が立ちました。

開口一番、マキシンの体のこと聞くべきだったよ。

 

マキシンから病気のこと聞いてたのに、そもそも頼み事なんか。

親友の命にかかわる病気と、刑務所内の秩序なんか天秤にかけらんない。

刑務所内の秩序を優先して、

親友をないがしろにしたこと本当に失策だったと思います。

 

ビーが心配してくれなかったことで、

H-1のメンバーにもがんのことを打ち明けることになってしまったし、

ビーにも、言いたくなかったのにビーのせいで治療が遅れたって、

はっきり言うことになってしまったマキシンが不憫でした。

 

 

あと、マキシンといえば、不細工でクズな元カレ。

あんな不細工だったのかと思うと、すごい衝撃。

しかも変態だったわけじゃないですか。

はさみで刺されたぐらいで、ギャーギャー言って。

マキシンがなぜあんな男を愛してしまったのかは疑問ですが、

男女のことは当人にしかわからないからな。

 

クズぶりが顕著だったため、

カズが少し気に掛けてくれることになったので、

それはよかったかな。

 

 

今の段階だと、カズとファーガソンの方が、

刑務所内のボスの役割として適任だと思います。

繊細で、人の世話を焼くのが性分のカズと、

サイコパスファーガソンのコンビは意外とバランスがいい。

カズの弱い部分を心が折れないサイコパスがフォロー(笑)

ビーも、満身創痍でボロボロなんで譲ったら・・と思ってしまう。

 

 

ターシャを使ったファーガソンの策略により、仲間とも分裂して、

刑務所内で、孤独になってしまったビーですが、

アリーだけでも心配してくれてるので、一人じゃなくてよかったとは思います。

ビー、ダメダメだけど、わたしは応援してます!

復活劇期待してます。

 

あと、またニューキャラが登場しましたね!

今までにない野心家そうで、派手な女王様タイプ。

ジャックスはマフィアの嫁だったので、また違うタイプ。

ボス争いに加わるのかどうか気になるところです。

 

マキシンの治療もこれからどうなるのか、

シーズン4の最後まで生きてられるのか不安しかないです。

マキシンの死がボスへの呼び水になるなんて最悪なんで。

 

次回は少しでいいので、色々好転しますように。

 

 

第7話の感想はこちら ↓ ↓

 

 

meganetamago.hatenablog.com