読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想です。たまに書きたいこと。

ウェントワース女子刑務所 シーズン4第3話 【感想】

ウェントワース女子刑務所 シーズン4第3話感想です。

 

 

ファーガソン前看守長、一般棟に移ってきました。

 

ファーガソンを殺りたい囚人たちと、

問題を起こしたくないビーとの間に軋轢が生まれる回です。

 ビー、シーズン4になってから、

ボスとしての立場に戸惑ってる様子です。

 

カズとその仲間の棟にファーガソンが入ることになり、

カズとファーガソンの関係がどうなるのかというストーリーでした。

 

あと、サブストーリーとしてマキシンのことがありました。

 

以下、ネタバレあり。

 

 

 

 

今回は、ファーガソンの独壇場でしたね!

 

女優としても、やりきった感があります。

多分本人も演じてて楽しかったでしょう。

いろんな顔を見せていて、本当にすごかったです。

見てるこっちも混乱してました。

 

相変わらずヴェラには、超冷たかったです。

ファーガソン、ヴェラにだけは本音で接することができるんじゃないかな。

実はヴェラのこと大好きっぽい(笑)

 

サイコパスは、人身掌握術に長けてる人が多いそうです。

時には情に訴え、時にはビジネスライクに。

行動に予測がつく人には、自らの体を投げ出して、思い通りに人を動かす。

 1話まるごと観ても、ファーガソンの目的がわからず、ただただ不気味でした。

 

いったいなんなの?

ボスの座狙い??

まさか、そんな小さな望みじゃないよね(笑)

 

裁判になったらすぐ移送だし、

時間もあまりないから、

ぐずぐずしているわけにはいかないはずなので、

次のエピソードぐらいには目的がわかるのかなぁ。

 

ファーガソンへのC型肝炎の人たちのグループの暴行は、

ひどすぎて見てられませんでした。

あの人たちの鬼畜ぶりはちょっと常軌を逸しています。

 

思わず同情してしまいましたが、

カズを味方に取り込むやり方は見事でした。

カズの性格からして、このやり方が一番だよねって変に納得してしまった。

 

ところで、マキシンが、病気かもしれない!

超不安。

 

ファーガソンのことで頭が一杯のビーは、

マキシンの変化に気づいてあげられません。

これでは、フランキーの二の舞になってしまう!

何度も助けてもらったマキシンとの友情は守ってほしい。

 

フランキーと言えば、今回は出番がなしだったので、

髪の毛を切ったかは確認できませんでした(笑)

 

ビー、シーズン4になってから、

誰にも本音を言えずに、

一人で勝手に追い詰められてますねー。

 

ビーが孤独感を一人で感じてるせいで、マキシンも孤独になってる。

海外ドラマでよく見る光景なんですが、意外とちゃんと話し合わない。

で、すれ違ってる。

 

日本人は本音を言わないと思ってたけど、

意外とそうでもないなって思ってます。

もっとちゃんと話し合おう!本当に(笑)

 

 

 

あ、ドリーンは別。

ドリーンはしゃべりすぎ。

しかも、自分の利益ばっかり主張して、泣いてばっかでうざいから。

そもそも、刑務作業中に妊娠というひどい失態だったのに、

 めちゃめちゃ好待遇だったと思うよ。今までも。

ドリーンは個別面会を認められないというのも、まっとうな理由だと思った。

早く刑期終えて、旦那と子供のところに帰って幸せに暮らしてください。

 

 

 

 第4話も楽しみです!

終身刑のビーが生きる目的を失ってしまったら、

壊れるしかないので、なんとか盛り返してほしいです。

 

 

第4話の感想はこちら

 

 

meganetamago.hatenablog.com