たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想です。たまに書きたいこと。

【映画】SING/シング 字幕版を観てきました!(ネタバレなし)

公開したばかりの『SING/シング(字幕)』早速観てきました!

 

 

sing-movie.jp

 

予告からものすごく楽しみにしていて、

張り切って観てきましたので、感想をお届けしたいと思います。

 

ミニオンズでおなじみの、

イルミネーション・スタジオとユニバーサル・スタジオの制作のアニメです。

出演者は全員動物たちです。

 

首が回らない瀕死の劇場のオーナー、コアラのムーンが、

起死回生のため、歌のコンテストを街で開くことになることから始まる騒動です。

コンテストの行方はどうなるのか、

瀕死の劇場は再び観客を呼び戻すことができるのかというストーリー展開です。

 

コンテストに参加することになるメインキャラは、

才能はあるけど銭ゲバアウトロー、ねずみのマイク、

子だくさんで家事と育児と夫の世話を一手に引き受ける、

内気でちょっと地味だけど毎日頑張るママ、豚のロジータ

ギャングの息子の心優しい少年、ゴリラのジョニー。

恋に悩むロックな10代乙女、ヤマアラシのアッシュ。

そして、箱入り娘で超シャイな象の女の子ミーナです。

 

予告を観た段階では、

アニメだし、子供向けだろうし、ミニオンズの会社だし、

明るく楽しくコンテストが開かれて、

最後シャイな象の女の子のミーナが勇気を出して歌って、

ハッピーエンドっていうあらすじを想定していました。

 

こういう展開の映画大好きなんです(笑)

歌が楽しく聞けて楽しめる!とウキウキだったのですが、

蓋を開けてみたら、ちょっと違いました。

途中から意外な展開になったので、驚きました。

 

ミニオンズの可愛いショートムービーから始まり、

歌が楽しく聞けて楽しめる!というのはその通りだったのですが、

大人でも充分楽しめる、

むしろ大人向けのストーリーだったと思います。

 

 

こちらのページに楽曲なども詳しく載っていました。

 

www.amazon.co.jp

 

 

私が観たのは字幕版でしたが、キャストたちはさすがの歌唱力。

これはもう、文句のつけどころがないです。

わたしが特に素敵な声で惚れ惚れしたのは、

ゴリラの少年のジョニーです。ものすごい美声!

 

そして、なんと言っても、象のミーナが可愛すぎました!

 

みんなとっても可愛いんです。

動物だからと言って、可愛いだけではなく、

悩みがあったり、性格がすこぶる悪かったり(笑)

話が進むごとに、だんだんみんなのこと好きになって、

応援したくなってきます。

 

でも、象のミーナの可愛さは特にぐっときました(笑)

 

個性的な押しの強いファミリーに、

めちゃめちゃ愛されている様も可愛かったのですが、

わたしは、歌う姿よりも歩いたり働く姿が可愛くて、可愛くて。

 

象は直近で生で見ると、野性味あふれていて、

さすがアフリカ最強の動物と言われているだけあって、

命の危険を感じて、めちゃめちゃ怖いので、苦手なんですが(笑)

ミーナは大好きになりました。

 

 

日本語吹き替え版も個性的な面々で構成されていますね。

がっつり洋楽有名ナンバーばかりの歌の吹き替えが、

どうなっているのか、とても気になります。

吹き替え版もぜひぜひ観に行きたいです!

 

これから観る人にお伝えしたいことを最後に。

 

エンディングのイカがとってもきれいですよ!

お見逃しなく。