読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想です。たまに書きたいこと。

プリズンブレイク シーズン2第16話 感想

プリズンブレイク シーズン2第16話 感想です。

 

 

第15話の感想はこちら ↓ ↓

 

 

meganetamago.hatenablog.com

 

 

16話、概要です。

 

マイケル兄弟とケラーマン、サラと合流。

Tバッグ、引き続きの狂気。

ベリック、脱獄(ではないけど)に成功。

シーノート、事件に巻き込まれる。

 ヘイワイヤー、殺人その後。

 

 

 

以下、ネタバレあり。

 

 

 

あんな拷問をサラにしたケラーマンとサラが合流という、

非常におかしな事態になった(笑)

サラのハードボイルド魂に火がついてしまって、

ケラーマンを亡き者にしようとしたサラだけど、

仕返ししたくなるのも当然だと思う。

 

だが、しかし、ここに来て、

ケラーマンの有能さと勝負強さが浮き彫りになっている今、

ケラーマンを殺してしまっては、

マイケル兄弟、そしてサラにも未来はないぞ。

早まってはいけません(笑)

 

ケラーマンといえば、大統領からの電話で心揺れたけど、

キムの仕業ということに気付いた。

キム、出てきてからずーっとこのかた、

なにもかもうまくいってなくて、

さすがにかわいそうになってきた(笑)

やっぱり電話、大統領じゃなかったんだー。

っていうか、心揺れてるってことは、

やっぱりまだ信用できない。

証拠手にしたら手のひら返すかもしれない

まだ継続的に疑っています。

 

 

Tバッグ、順調に元カノ家族もろとも軟禁したうえ、

家から連れ出すことに成功。それにしてもすごい緊迫感。

わたしだったら、あの緊迫感に耐えられない。

発狂して、すでにTバッグの餌食になってると思う

でも、考えようによっては、外に出たってことは、

終始Tバッグ一人で3名見張ってるのも無理があるし、

指名手配犯で人目もあるし、元カノ一家は大チャンス到来した。

このチャンスを逃さず無事逃げ延びれるか。

 

 

シーノート、具合の悪い娘に薬も飲ませられず、

ダイナー的なお店で、ラリってるっぽい犯人の強盗事件に巻き込まれる

ちょっとアメリカ文化がよくわからないのですが、

客はみんな比較的落ち着いていましたけど、

けっこうああいうことって日常茶飯事なのでしょうか。怖い。

アメリカの犯罪者って基本銃持ってるし。

 

結果、シーノート指名手配犯なことを、

強盗や人質になっているお客さんに自白したのに、

お客さんの人たちに同情されて娘と脱出できました。

海外ドラマや洋画って基本子持ち最強ですよね

日本だったら、指名手配犯と子どもは実子だったとしても、

引き離そうとするんじゃないでしょうか。

 

ベリックは、マホーンの粋な計らいで刑務所を出て、

FBIになりました。

まぁ、何も犯罪犯してないとは言わないけど、

長く刑務所に入るほどのこともしてなかったんで、

かわいそうといえば、かわいそうだったんですけど。

FBIのベリックだ!」の言い方を練習する様子は、

ベリックファンへのファンサービスですかね(笑)

 

 

そして、ヘイワイヤー久々に出てきたと思ったら、

すぐさま死んじゃったじゃないかー。

ヘイワイヤーなんて逃がしてあげればよかったのに、

あんまりだーーー。

キム、許すまじ。

でも、刑務所に返すのもかわいそうだし、

ヘイワイヤーが酒乱の父親殺したことは、

女の子に感謝されてたから、それだけはよかったかな。

 

それにしても、長い。

観ても観ても、シーズン2が全然終わらない。

あと6話もある。

 

1シーズン22話長くないですか?(笑)

 

 

meganetamago.hatenablog.com