読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想です。たまに書きたいこと。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1第5話 感想

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1第5話 感想です。

 

第4話の感想はこちら ↓ ↓

 

 

meganetamago.hatenablog.com

 

 

※以下、あらすじ、および感想にはネタバレを含みます。

 

 

第5話『狼と獅子』

 

ティリオンがブランを搭から突き落とした犯人だと、

信じ込んでいるキャトリンは、ティリオンを捕虜にし、

先代の『王の手』のジョン・アリンの妻であり、

高巣城の城代、キャトリンの実の妹ライサの元に向かう。

 

 

前王エイリス・ターガリエンの娘、デナーリスが、

ドスラク王の子を身ごもったという情報が王の耳に入る。

ドスラク軍が決起して王都に攻め入られることを恐れたロバート王が、

ターガリエンの娘を殺すことを提案し、

そのことによって起こりうる戦争を反対するエダードと対立、

エダードは王の手を辞任する。

 

一方、キャトリンがティリオンを捕虜にしたとの情報が、

王都に入り、スターク家とラニスター家が一触即発。

ティリオンの兄であるジェイミーが、

ロバート王の落とし子調査を進めるエダードを襲う。

 

 

以下、感想です。

 

 

タイトルの狼と獅子は、家紋が狼のスターク家と、

獅子のラニスター家の対立の種火が燃えてきたことを表していました。

元々、暗く寒い土地で耐え忍んで生きるタイプのスターク家と、

お金持ちでイケイケの金髪ラニスター家は相性合うはずもないんですけどね(笑)

 

そもそものきっかけは、スターク家にラニスター家が訪問しているときに、

(実際はロバート王率いるバラシオン家だけど、ほとんどラニスター一族だった)

サーセイとジェイミーが搭の上で致しているのをブランに見られて、

ジェイミーがブランを搭から突き落としたことなんだけども、

なんとなく、キャトリンが勝手に余計なことするから・・って思ってしまう。

キャトリン、ほんと嫌い。

 

そして、ライサ。

ぜんぜん赤ちゃんではない少年(息子)に丸出し授乳中で衝撃の初登場!!

観るの二度目だけど、そこそこ衝撃でした(笑)

キャトリンとティリオンもかなりどん引きしてるし。

姉も姉なら、妹もたいがいだな!っていう姉妹になっちゃってます。

 

 

サーセイとロバート王との2人の対話。

サーセイ、ロバートのこと好きになろうと努力してたんだなって、

ちょっとしんみりしちゃった。

一方、ロバートは過去に好きな人が居たかもしれないけど、

娶った妻を愛そうと1mmも努力しなかったクズ。

しかもそれを、妻にまるごと言ってしまうというね。

 

馬上槍試合では、シーズン1では印象の薄かった、

ハウンドもマウンテンもきっちりと描かれていたし、

のちのちに重要人物となる、タイレル家のロラスも登場しました。

 

あと、個人的には、ヴァリスとベイリッシュの二人の、

玉座の間での腹の探り合いが見応えありました。

ベイリッシュ、顔とスタイルのバランスが好きすぎる

もっと、出演シーン増やして欲しい。

 

全体的に、波の薄いエピソードではありましたが、

今回の衝撃はシーズン5か6ぐらいで、

明かされたと思っていたけっこう驚く事実があったのですが、

この話でまるっとネタバレしてたこと

 

うわー、こんな早い段階できちんと伏線張られてた、

どんだけ、細かい設定で脚本が組み込まれてるんだ!って、

関心したと共に、本当にボーっと見られない作品だと、

気が引き締まりましたね。

 

あと、デナーリスが出なかったのでさみしかったです。

 

 

第6話の感想はこちら ↓ ↓

 

 

meganetamago.hatenablog.com

 

 

 

 読者になる