読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想です。たまに書きたいこと。

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン1第1話 感想

2017年7月からスターチャンネルで新シリーズの日米同時放送が決まった、

ゲーム・オブ・スローンズ

個人的に絶賛おススメさせて頂いていております。

 

 

ゲーム・オブ・スローンズ絶賛記事はこちら ↓ ↓

 

 

meganetamago.hatenablog.com

 

というわけで、新シリーズ放送が決まったので、

待ちきれずに復習を始めました。

シーズン6まであるので60話。かなり楽しめます!

 

初見じゃないので、

二度目ならではの感想が含まれるかと思いますので、

ご了承ください。

 

 

第1話『冬来たる』あらすじ。

 

【壁】の向こうの調査に出かける、

【壁】の番人であるナイツ・ウォッチの3人。

調査の途中で、無残な死体を見かける。

野人の仕業だと推測するも、

絶滅したはずのホワイト・ウォーカーという得体の知れない生き物の仕業だった。

 

一方、大陸の北で静かに暮らすスターク家の元に訃報が届く。

王の側近『王の手』を勤めるジョン・アリンの死だった。

側近の死によりかつての盟友である、

スターク家の当主エダードに『王の手』を引き受けさせるために、

国王であるロバート・バラシオンが、

一族を引き連れて、スターク家を訪問する。

 

南の国では、バラシオン家に一族を滅ぼされた、

前王族ターガリエン家の生き残り兄と、

その美しい妹が、兄を中心に玉座の奪回を目指し、

妹の婚姻を進めていた。

 

 

 

以下、ネタバレあり。

 

 

 

オープニングの氷の【壁】のシーン、

テンション上がりますね!

ゲーム・オブ・スローンズに帰ってきたわたし(笑)

ナイツ・ウォッチのくだりも改めて見ると、

なぜあんなことになったのかよくわかります。

 

ホワイト・ウォーカー恐怖。

 

怖い~、怖い~。

のちのち、トラウマレベルになるほど、

ホワイト・ウォーカーが怖くなるので、

遭遇すると思っただけでドキドキしました。

 

 

 思いのほか、1話から登場人物が多かったです。

これは、初見では混乱する(笑)

 

そして、みんなびっくりするほど若かった!

ドラマと共にみんな生きてきてるんだなと感慨深かったです。

スターク家の子どもたちの可愛らしいこと。

ダイアウルフのこどもも可愛い。

犬好きなのでもっとたくさん見たかった。

 

まだ第1話しか観ずに、このレビューを読んでる人には、

さっぱりだと思うのですが、

ホーダー、更に超見切れでハウンドとか居ました。

 

まだまだ1話で序盤なので、深く掘り下げられてはいないですが、

ゲーム・オブ・スローンズではさまざまな女性の生き方が描かれます。

スターク家のサンサとターガリエン家のデナーリス。

結婚という女の岐路に直面する、対照的な二人の美少女。

これからの展開を思うと、切なかったり、ワクワクしたりでした。

 

改めて見ても、デナーリス頑張れ!と思ってしまう。

シーズン6よりも子どもっぽい感じがまた、

危うい美しさで、見惚れてしまう。

(わたしは、もっぱらデナーリスのファン)

そして、第1話から、ジョラー・モーモントがはっきり出ていた!

全く記憶にありませんでした(笑)

 

相関図や、他のブロガーさんの解説を真剣に見ながら、

観ていた初見の時と違って落ち着いて観られます。

焦っていないので、いろいろよくわかる(笑)

 

1話で、すでに意識不明になってしまったブラン・・。

不憫すぎる。

 

 

2話以降の続きも何を忘れているか、

自分でもわからないので、楽しみです(笑)

 

第2話の感想はこちら ↓ ↓

 

 

meganetamago.hatenablog.com