読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想です。たまに書きたいこと。

【映画】エターナル・サンシャイン 感想(ネタバレ少しあり)

 先日、イエスマンのレビューを書いたときに、

ジム・キャリーがかっこよかったので、

観てみようかなと言っていた、

エターナル・サンシャインを観てみました。

 

 

 

イエスマンのレビューはこちら ↓ ↓ 

 

 

meganetamago.hatenablog.com

 

 

エターナル・サンシャインは、

無口でぼそぼそしゃべる保守的なジョエル(ジム・キャリー)と、

髪の毛を、青とかオレンジとか緑とかに染める、

自由で情緒不安定なエキセントリックな女性、

クレメンタイン(ケイト・ウインスレッド)の、

ラブストーリーです。

 

冒頭は、二人の出会いです。

声の小さいジム・キャリーはやっぱりハンサムでした。

あんまりしゃべらないと、ハンサムが際立つ(笑)

でも、いつもと別人で同じ人に思えなかったです。

一方、ケイト・ウインスレッドはすごーく綺麗。

カジュアルな服に、ブルーに染めた髪の毛、

美人がものすごい際立っていました。

こちらも、ケイト・ウインスレッドにイメージしてた感じとまったく違う役。

 

この映画を一言で言うと、壮大な『世にも奇妙な物語』って感じの作品でした。

こういうの、どっかで観たことあるなって思ったんですが、

世にも奇妙な物語』がぴったりです。

 

彼女であるクレメンタインと喧嘩して、

仲直りしようと、ジョエルが会いに行ったら、

あんた誰?みたいな態度を取られたうえ、

新しい男もいる様子。

憤慨したジョエルが友人夫婦に会いに行き、

ぐずぐず愚痴っていたところ、

彼女が自分の記憶を脳から消し去ったことを知ってしまう。

傷ついたジョエルは、自分も彼女の記憶を消し去ろうとするのだが・・

っていう話なんです。

 

 

ここからはのストーリー展開は、『世にも奇妙な物語』です(笑)

普通に、彼女の記憶を取り戻そうとするか、

愛を取り戻そうとするラブストーリーだと思っていたので、

意表をつかれました。

ちなみに、『世にも奇妙な物語』は大好きです。

 

かなり不思議な世界観なので、

好みが分かれるところだとは思います。

ラブストーリーだと思って観た人は物足りないかもしれません。

いや、ラブストーリーはラブストーリーなんですけど、

普通のラブストーリーではないです。

万人受けはしない作品なのではないかなと思います。

興味のある方は、観てみてください。

 

以下、多少のネタバレあり。

 

この二人は水と油なので、

うまく混ざり合うとものすごくうまくいくと思うのですが、

ずーっと必死に攪拌していないと分離するので、

カップルとしてはどうなのかな・・ってところで、話は終わりました。

でも、そういう二人のほうが、盛り上がるんだよねぇ。

 

ものすごく、長々とした痴話げんかを観たような気持ちになり、

勝手にやってろ(笑)と思いましたが、

ジム・キャリーがかっこよかったので、よしとします。

 

おしまい