たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想です。たまに書きたいこと。

【ドラマ】大空港2013 感想 家族の嘘あるあるを三谷幸喜節で存分に楽しむ

WOWOWのドラマなんですが、都合上【映画】カテゴリにさせてもらいました。

エイプリルフールなので、嘘がテーマの作品その1。

昨年の大河「真田丸」でも、素晴らしい脚本で視聴者を惹きつけた、

三谷幸喜の脚本作品です。

 

 

 

 

三谷幸喜作品は、東京サンシャインボーイズの舞台作品が、

テレビで放送されている頃、ファンになりました。

偶然観た舞台作品が面白くて、面白くて。

東京サンシャインボーイズを生で観るのが夢だった子供の頃、

その夢を果たせずに劇団が休止してしまった時は、かなりのショックでした。

 

最近は三谷幸喜がものすごく有名になってしまい、

その名前だけで、有名役者さんがこぞって沢山出てくれるようになり、

作品がごちゃついて、当たりはずれが出てくるようになってしまったのが、

とても残念に思いますが、この作品はすごく面白いです。

 

元々、舞台畑の人なので同じ場所で人が行き交い、

色々トラブルが巻き起こる密室劇は当たりが多いです。

あと、人は少なめな方がいいです。

12人の優しい日本人』とか『ラヂオの時間』とか。

 

で、前置きが長くなってしまいましたが、

この『大空港2013』。

天候不良で、九州から羽田への飛行機の便が、羽田に到着できずに、

途中の信州まつもと空港に降ろされてしまう家族の、

様々なごちゃごちゃを追った作品。

 

ワンストップ撮影などの撮影法が話題になっていましたが、

ワンストップ撮影か編集かどうかは観る方にしてみたら、

面白ければどちらでもあまり関係がないので、そこは割愛。

 

 

空港グランドスタッフの竹内結子が、一家族のお世話を担当し、

そのごちゃごちゃに巻き込まれていきます。

 

家族を演じるのは、香川照之

その妻役に、駆け込み女と駆け出し男でも怪演だった神野美鈴、

娘と息子に、石橋杏奈池松壮亮

妻の兄のダメ叔父に生瀬勝久、妻と妻の兄の父親役に綾田俊樹です。

あとは、家族ではないですが、関係者に戸田恵梨香と、

三谷ファミリー梶原善がメインキャストです。

 

 

家族問題によくある話を、面白おかしく描いてくれます。

コメディは、場を乱す演技のつたない人がいると、

途端に空気がおかしくなってしまったりするのですが、

この作品は大丈夫です。

 

私が今回、特に注目したのは、妻役の神野美鈴さんです。

最近ではカロリーメイトCMで受験生の母役をやっていらした方です。

 

 


カロリーメイトCM|「夢の背中」篇 120秒

 

 

 

今回神野さんの立場は、妻、母、娘、妹、そして女と、

5タイプあったわけなのですが、なんかどれもすごくリアルでした。

生瀬勝久さんとのダメな兄とその妹の絡みは、

親せきのおじさんとおばさんを彷彿とさせていて、

本当に血が繋がっているのでは?と思ってしまったほどです。

女って確かに相手によって対応がかなり変わるけど、

演じ分けすごいと思ってしまった。

 

個人的に地方空港の感じも郷愁を誘うし、

外の天気がすこぶるよい、だだっ広い景色も綺麗でした。

最後まで観ると、さわやかな晴れ晴れしい気持ちになって、

じんわり心があったかいような気持ちになる、

三谷幸喜作品のラストっぽくて、すごくよかったです。

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ