たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想です。たまに書きたいこと。

【映画】アントマン 感想 アベンジャーズの予備知識なくいきなり観ても面白いマーベル作品!

マーベルシリーズ、今回はアントマンです。

 

マーベル、アベンジャーズへの道を時系列に、

アイアンマンインクレディブル・ハルクアイアンマン2まで観たところで、

アベンジャーズからちょっと独立した話が観たいと思い、

調べた結果、アベンジャーズ知らなくても観られそうなアントマンにしてみました。

 

 

 

 

(今までのマーベル関連の作品の記事一覧はこちら ↓ ↓)

 

meganetamago.hatenablog.com

 

 

多少は、アベンジャーズとかの話が出てはくるのですが、

本当に少しで基本的には話は独立していて、一作品でまとまっていました。

今まで、アベンジャーズ系の話を一切観たことない人でも、

普通に楽しく観られると思います。

 

わたしは、すごく面白かったです!

 

トーリーは

科学者だったスコットがその知識を生かして、

大金持ちの家に盗みに入り、金儲けの被害にあった人にお金を返すという、

鼠小僧伝説的な盗み働き、刑務所から出てくるところから話はスタート。

7歳の娘を溺愛する心優しいパパですが、

前科のある身のため仕事もうまくいかずに養育費も払えないため、

元妻に邪険にされ、娘に自由に会わせてもらえません。

娘に会いたいけれど、職もなくお金もなく追いつめられたスコットは、

刑務所時代の仲間の誘いに乗り、大金持ちの家に再び盗みに入ることになるが・・

という感じです。

 

 

 

主人公のスコットが、割とハンサムでさわやかでかっこいいです。

今まで観たマーベル作品の中で一番かっこよかったかも。

アイアンマンのトニー役のひともかっこいいですが、ワイルド系で、

男性が憧れるヒーローそのものっていう感じ。

アントマンの主人公のほうが、すぐ盗みに入るダメな男ではあるのですが、

顔も含めてスマートで女受けはよさそう。

スコットの娘役のキャシーがものすごく可愛くて癒されました。

そもそも、わたしは子供のために無茶するパパものは基本大好きなんです(笑)

 

ヒロインのホープも美人で、笑うとすごく可愛いし、

ホープ父親役でアントマンの生みの親のピム博士も、

渋いおじさん好きとしては、良キャラで、

全体的にストーリー中のメンバーのまとまりがよかったです。

スコットの刑務所時代の仲間も後半いい味で活躍して、すっきりとした後味です。

 

続きがあらかじめ決まっているシリーズものなので、

今までのものと同じく序盤の色々な説明が細かく、

若干序盤は説明が多く、ストーリー的にもたつきますが、

話が波に乗ってきてからは、一気に面白くなって最後までいきます

 

ヒーローものなので今までのマーベル作品と同じく、

変身して戦うシーンがもちろんあるのですが、

それが、すごく凝っていて面白かったんです。

アントマンのタイトル通りすごく小さくなりますが、実際はアリよりも小さいです。

アリよりも小さい人間が、どうやって戦うのかまったく想像もつかなかったのですが、

けっこう意表を突かれたかも

アリがこの作品中の重要なキーワードになっていて、

特になんとも思っていなかったアリですがなんとなく好きになりました(笑)

 

今までの作品でも戦いのシーンが長いと、正直退屈になることもあったのですが、

アントマンは、色々な状況になり退屈しませんでした。

最後まで飽きずに観られて、とても面白かった。

 

マーベルヒーローの作品はたくさんある中の一部しかまだ観てないのですが、

その中でもシリアス要素も低く、笑えるシーンもあって楽しく観られて、

すごくよかったです。

世界を守るヒーローというより、家族を守るヒーローというのもよかったのかも

 

2018年にアメリカで公開予定のアントマンも非常に楽しみです!

 

 

※ちなみに、下の記事でぐずぐずした心境を告白したところ、

はてなスターを押していただけた方が居らしたので、ツイッターを始めました。

idはプロフィールに載せましたのでお気軽にポチっとフォローをしていただけると、喜びます。

ブログの更新も、今後はツイッターでお知らせが可能です。

ブログ、ツイッターともども今後ともよろしくお願いします。

 

meganetamago.hatenablog.com

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ