たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想です。たまに書きたいこと。

【映画】アイアンマン2/アイアンマン3 感想 不思議なものでやっぱりなんだかんだでアイアンマン

アイアンマン2のレビューが忙しくて書けなかったので、

アイアンマン3とまとめて記事にしていきます。

 

 

アイアンマン2 [DVD]

アイアンマン2 [DVD]

 

 

 

 

 

アイアンマン の初代作品のレビューはこちら ↓ ↓

 

meganetamago.hatenablog.com

 

マーベル関連もろもろのレビュー一覧はこちら ↓ ↓

 

meganetamago.hatenablog.com

 

 

 

えーと、ストーリーは、あんまり書くとネタバレになっちゃうので、

本当にざっくり言いますね。

アイアンマン2は、逆恨み(?)で長年恨まれていた敵と戦うことになって、

アイアンマン3は、普通に長年恨まれて、敵と戦う話でした。

ごめんなさい、手抜きしました。

 でも、とくにトーリーは気にしないで気軽に観てほしいです!(笑)

 

 

以下、感想です。

 

なにしろ、アイアンマン3でとりあえず三部作完結みたいですね。

アイアンマンの初号機から比べると、アイアンマンスーツがだいぶ進化していて、それも見どころだと思います。

そして、アベンジャーズを観るまで、ハルクソーキャプテン・アメリカも観ていて、

それを観ると、アイアンマンよりこっちの方が面白いかもってすぐ思っちゃうんだけど、

アイアンマンを観ると、やっぱりアイアンマン面白いよね!ってなっちゃう。

トーリーのわかりやすさ派手さも理由だと思うけど、

主人公のトニー・スタークがダメなところも含めて、ひたすらにかっこいいおじさんだからだと思う。

 

まず、顔がいいし、天才だし、お金持ってるし、口は悪いけど根はすごく優しくて繊細。

女遊びも過去はしたけど、今は恋人のペッパーを溺愛してて尻に敷かれてるし、しかも溺愛してる恋人にすごく愛されてるっていう、

ヒーローものだったとしても、なんて隙のないキャラ設定。

これに憧れない人が男女含めているだろうか!

 

アメリカで生まれ、子どもの時にこれを観たらものすごく憧れていたことでしょう。

だって、自分で一から作ったロボットスーツを着て、悪と戦うんですよ!

そもそもの発端は自分の身を守るためだったけど、それにしても自作はかっこいい。

 自分で自分サイズのロボットスーツを自分好みのデザインで、

しかも、更に自分でどんどんカスタマイズ。

個人的には、寄せ集めの材料で本当に手作りした初号機の1つあとの、

赤いデザインが好きです。なんとなく愛着もあるし。

そして戦うと傷だらけになるスーツもなんか知らないけどすごく好き(笑)

 

アイアンマンを含めて、マーベル系の映画の好きなところの一つは、

派手に色々なものが壊れるところです!(笑)

車をがんがんぶつけたり、壊したり、ガラスをぶち破ったり、

何かが爆発したり、それを見ているとくさくさした気持ちが少しすっきりします。

そういった意味でもストレス解消に一役買っています。

 

マーベルの映画では見逃してはいけないエンドロールなんですが、

アイアンマン3のエンドロールの最後すごく好きでした(笑)

アベンジャーズの最後もすごくよかったんですけど、個人的にすごく好み。

この絡みがもっと見たいです! 

 

最後は、色々丸くおさまったような、おさまってないような三部作完結っぽい終わり方でした。

終わりって言われると、なんとなくさみしい。

最後のテロップが、Tony Stark will returnとなっていて、

アイアンマンとしてなのか、トニーなのかが今の段階でわからないので、

まだ観てないアベンジャーズの続編も楽しみです。

まぁ、だいたい今まで観た全員『will return』のお知らせがあったんですけれども(笑)

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ