たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想です。たまに書きたいこと。

ウォーキング・デッド シーズン8 第1話 感想 第8シーズンスタート。シーズン7のもやもやを挽回できるか!?

始まりました! ウォーキング・デッド シーズン8。

 

シーズン7が面白くなさすぎて、文句ばかりブログに書くことになっていたので不安要素はたくさんありましたが、シーズン7がつまんなかったからと言って、観ないわけにはいかないシーズン8(関連記事:ウォーキング・デッド シーズン7関連一覧 ちなみにシーズン後半分しか書いていません)。

 

第1話ということで(?)あらすじは割愛して、ネタバレありで感想を書いていくことにしましょう。

 

結果からいうと、第1話、割と面白かったです。

いやいや、シーズン7のひどさから比べればだいぶ面白かったですよ(笑)

突っ込みどころも多かったとはいえ、途中寝落ちしそうにならなかったし、続きが気になるシーズン8の幕開けではありました。

 

冒頭から最後にかけて、またリックの妄想なのか夢なのか現実なのかわからないシーンが多々差し込まれ、時系列もわからなく視聴者を混乱に陥れるシーンがあったにしろ、許容範囲内かなー。変な挿入歌とかなかったし! (笑)

 

ウォーキング・デッドあるあるとして、長ったらしい演説説明を省いたストーリー展開メインキャストのシーンの少なさは相変わらずで、メインキャストのシーンの少なさはシーズン7からずーっと不満点としてありましたが、今回は第1話ということで、とりあえずほぼ全員出てきたので、まぁそこもよしとしました(?)。

でも、ロジータなんてセリフなしの1秒ほどで、(え? 今のロジータ?)ってなったぐらいでした(笑)そして、リックとミショーンのいちゃつきは本当にいらない。

 

今回の面白かった点としては、ゾンビが割とたくさん出てきたところと、作戦が緻密で『おーっ!』となったところでしょうか。

たくさんのゾンビを数々の爆発でおびき寄せる感じよかったです。

あれができるなら、もっと早く色々できたんじゃね?(笑)という突っ込みはさておき、ウォーキング・デッド観てる感は高まりましたし、今後の、バトルシーンが盛り上がりそうでわくわくしました。

大量のゾンビと人が入り乱れるシーン、久々で期待感UP。

 

突っ込みどころとしては色々ありまして、何個かあげていきますと、シーズン7の最後で討ち死にしたサシャの弔い感がゼロだったことはちょっと残念。

あと、ゾンビ引率部隊が、キャロルとタラ(かなり痩せてた)とダリルとモーガンという4名は強い人揃えすぎだし、そしてロジータはなんで戦いに参加してないの?

ミショーンとロジータが留守番というのも解せない。

チーム分けに整合性が感じられないし、留守番は妊婦にすべきだと思うのはわたしだけでしょうか。

 

さらにニーガン。なんかシーズンを追うごとに老けていく。

多分ニーガン役がかなりストレスなんだと思う。早めにやっつけて引退させてあげて欲しい。

今までも何度も思ったけど、ニーガンが無防備に演説かましてる間になんで撃たないんだろう。

そして、牧師はなんでヒルトップのじいさんを助けたんだろう。

ヒルトップのクズじいさんは、人質になってあそこに居るわけじゃなくて、自らあそこに行ったし、おかしな演説もしてたんだから、助ける必要ないわけじゃん。

個人の戦いじゃないとか言っておきながら、私情を挟んで部隊を乱してリックの士気を削いだよね。

 

今回の戦略のほぼ成功は、ドワイトのスパイが完璧だったからっぽいですよねー。

本気だったんだな。ドワイト。

ニーガンをやっつけたあと、ドワイトがダリルにベストを返す未来が見える(笑)

 

ところで、差し込み映像でリックが眺めていた墓はサシャの墓なのか、それともこれから死ぬ誰かの墓なのか、それとも全く違う誰かの墓なのか。

 

シーズン7のスタートほどの、不愉快感はなく始まったシーズン8ですが、

シーズン8は伏線張ったらきちんと回収してほしい。

ほんと頼みますよー(笑) 

 

2話以降も、期待してます!

 

第2話の感想はこちら ↓ ↓

 

 

meganetamago.hatenablog.com

 

 

 

 

 

読者になる

 

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ