たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想です。たまに書きたいこと。

エージェント・オブ・シールド シーズン2 第1話

 エージェント・オブ・シールド シーズン2 第1話 感想です。

 

シーズン1の感想はこちら ↓ ↓

 

meganetamago.hatenablog.com

 

 

エージェント・オブ・シールド シーズン2 第1話は、新生シールド始動です。

シーズン1でずっと謎だった『084』の話からスタート。

シールドのインデックスリストに載っていた能力者との戦いあり、軍との攻防ありという内容でした。

 

以下、ネタバレありの感想です。

 

シーズン1の最終話で、フューリー長官にシールドの立て直しを依頼されたコールソン。

新しい秘密基地で、新しいメンバーも居て、コールソン自体は仲間とはあまり顔を合わせずにシールドのメンバーを増やすべくスカウトマンになっているようですね。

 

冒頭、キャプテン・アメリカの元カノ、ペギー・カーターが出てきますが、このときにはもうシールドのエージェントだったようですね。

蛇足ですが、トニーのお父さんのハワードの若い頃すごく好きです。かっこいい(笑)

できれば、カーターだけじゃなくハワードも出てきて欲しかった。

そして、カーターが出てきてるということは何十年か前の昔の時代で、レッド・スカルから押収した何かの物質を箱に封印して、『084』と番号を振っていました。『084』というのは名称ではなく、単なる番号だったということがここでわかります。

 

時代は現代に戻り、何かの取引を尾行しているスカイ。

スカイ、なんかすごいシュッとしてるわー(笑)大人っぽくなっているし、痩せた?

正直、このくだりはわかりづらかったです。

新しいエージェントも居て誰が敵で誰が味方かもわからないし、画面が暗いしなんだかわからなかったけど、多分、わからなくても大丈夫なんだと思います(笑)

 

で、ヒドラの情報引き出し要員で閉じ込めてるウォードから話を聞き出すのに、スカイが行くことに。(え? まさか、スカイとしか話さないって言ってること?)って恐怖でしたが、当たりでした。

前の基地の守り人と見た目が全く同じ人に、身を守る器具を渡されるスカイ。

前の基地の守り人エリックはウォードに殺されて実は地味にショックを受けていたので、同じ人が出てきて嬉しかったんです(別人設定ですが(笑))

この人はクローンかもしくはアンドロイドなんですかね? でも検体してたよね(笑)

話戻しまして、ウォードとの面会ですよね。

 

ウォードのハンニバル化、怖い。

ハンニバル知らない方にちょこっと説明すると、羊たちの沈黙っていう、ソーの映画ではソーの父でオーディンという神を演じているアンソニー・ホプキンスの映画があるんですけど、サイコパスの殺人鬼ハンニバル博士が檻の中に入っていて檻の中から面会人を洗脳するんですね。それを思い出してじわじわ怖いし、そういう感じ。

わたしの映画レビューでも書いているので興味のある方は読んでみてください(こちらです

このあと、話が進んでいくとまさかスカイが洗脳気味になるのでは? スカイ、気をしっかり持って!

でも、ウォードのことこんなに嫌いになれるなんて、演技の上手さが光りますよねー。じわじわ怖い感じすごいもん。

 

 シーズン2のスタートとして、一番ショックなのがフィッツのことです

重体から意識は戻ったみたいだけど、脳に後遺症が残っていて言葉が出てこないし、前みたいにきちんと仕事もできないみたいで。

自信家で、ピュアでそういうところが愛くるしかったのに、返す返すもウォード許せん! フィッツを返して!!(涙)

今のままではシモンズも不憫だし、今後GH325とかで劇的によくなることを期待します。

 

 シーズン2になって、予算が確実に予算が増えてますね(笑)

技術の問題だけじゃなく、CGの精度が上がっている気がします。

マーベル特有の派手さが好きなので、もっとガンガン派手になっていってほしいです。

能力者の、鉱物化ゴム化植物化(グルート思い出した)は見事でしたし、消える飛行機もかっこよかった。

 

ただし、ウォードやフィッツの問題があるせいなのか、シーズン1にあった軽快なおふざけのやり取りが減ってドラマ全体にシリアスさがプラスされてしまった感じ。

シーズン1は話としては地味だったけど、あの仲間内でちょこちょこやってる感じが好きでした。人数も増えてるししょうがないけど、ちょっと残念。

まだ、新しい登場人物の名前も顔も覚えられていない状態なので、これから話が進むごとに愛着が出てくるかもしれないのですが、まだシーズン1をだいぶ引きずっています。

しつこいようですが、最初から観ている身としてはやっぱりフィッツが今の状態のままでは納得できません。

死ななかったからいいという問題ではない。

 

あとは、ギャレットが遺言に残したフローチャートがなんなのかってことです。

あのフローチャートにはどんな暗号や意味が隠されているのか。

スカイが『084』とはどういうことなのか。

そして、レイナや、ピーターソンはどこに行ったのか(笑)

シーズン2も頑張って追っていきたいと思います。

 

 

第2話の感想はこちら ↓ ↓

 

 

meganetamago.hatenablog.com

 

 

 

 

読者になる

 

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ