たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想です。たまに書きたいこと。

【映画】グッドモーニングショー

映画、『グッドモーニングショー』のレビューです。

 

グッドモーニングショー DVD通常版

グッドモーニングショー DVD通常版

 

 (※公式サイトはこちら(予告が観られます)

 

監督・脚本は、『踊る大捜査線』の君塚良一です。なので、雰囲気は似ています。

カメラワークとかは『踊る』っぽくて全盛期がっつり見ていた身としては、テンションあがります。

ストーリーは、朝のワイドショーを舞台に、ワイドショーのキャスターがカフェでの立てこもり事件に巻き込まれる話です。

 

 

映画としては少し地味ですが、割りと好きなタイプのコメディタッチのお仕事映画でした。

お仕事映画は、どうしても地味になりがちですが、自分では体験できない苦労や裏側が観られて好きなので見てしまうことが多いです。

 

立てこもり事件に巻き込まれる落ち目のワイドショーキャスターに中井貴一、一緒に番組をやっているチーフ女子アナに長澤まさみ長澤まさみの後輩女子アナに志田未来、番組制作の少し暑苦しい若い制作スタッフに、林遣都中井貴一と番組を一緒に作っている制作側の同僚に時任三郎というのが、主なキャストになります。

志田未来ちゃんの女子アナぶりは見事で、言葉もよく聞こえて明日からでも女子アナとして活躍できそうでした。

あとは制作スタッフにはたくさんの味のある演技のうまい俳優、女優さんたちが脇を固めています。

わたしが特に演技に引き込まれたのは、濱田岳さんです。かなり胸を打たれて涙しそうになりました。失敗は許されないのに行きも戻りもできない今の世の中に生きるリアルな感じ。切なかったです。

 

 

テレビを作る側にも色々あるし、観る側にも色々あるという感じがうまく表現されていたとは思いますが、

やはり作り手がそもそも【作る側】なので、作る側に比重が高かった作品なことは否めないですね(笑)

前半は軽快にコメディタッチで面白く進むのですが、後半は最近のテレビに対する視聴者の不満や憤りに対する言い訳的なものと視聴者批判を少し感じました。

あと、ごめんなさいネタバレになっちゃうかもしれないのですが、映画の中で、番組中や、番組終了直後に一気にクレーム電話みたいのが鳴り響くんですけど、あのような電話する人って、電話と観ている番組の直通電話を用意して、電話かけるタイミングを待ち構えてるんですかね?

そして、最後その展開はさすがにテレビをヒーローにしすぎだし、視聴者をバカにしすぎでは?というオチもありました。

そこまでテレビ観ている視聴者、ひどくないと思うよ?って個人的には思いました。

 

ですが、全体的には中井貴一さんの演技のうまさと、全体的なキャスティングのよさで面白くはありましたが、ただ、ちょっと話が言い訳がましかったのが残念だったかなー。

題材やキャスティングが面白かっただけに、もうちょっと面白くできたのかなと思いました。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ