たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想です。たまに書きたいこと。

『カンナさーん!』を第3話まで観た率直すぎる感想。

今クール、唯一観ている日本のドラマ『カンナさーん!』について少し語ろうと思います。

 

www.tbs.co.jp

 

観たことない人に内容をざっくり説明すると、

(※3話までのネタバレを含みます)

渡辺直美が4歳の子のママ、カンナさんを演じるドラマ。

仕事はアパレルブランドのデザイナーのようです。

第1話から3話目まで、夫の浮気、離婚、愛人との対決、姑との絡み。

更には仕事と育児の両立と、次々降りかかる問題に明るくポジティブに取り組むカンナさんの姿が描かれています。

マツコの知らない世界の流れから、第3話まできっちりリアルタイムで観ました。

 

以下、少し辛口です。

個人的な感想なのでご了承ください。

 

話は正直つまんないと思います。

登場人物に嫌なやつが多いし。

一番嫌だなーと思うのは、カンナさんの女上司。

発言がイチイチ古臭いし、上司としての資質もイマイチな感じだし優しくない。

あと、キャラとしての立ち位置が中途半端な姑と、イチイチ小うるさい保育園の園長先生。

夫はクズだけど、本人に悪気が一切ないせいか今のところそこまで嫌な感じはしない。

ただ、クズはクズです(笑)

と、少ない登場人物の中に嫌なやつがけっこういるので、観ていて不愉快になることも多いです。

仕事もお遊び程度にやってるし、ストーリーも基本的にはベタな感じでまとまっています。

昔よくやっていた、昼ドラコメディのような雰囲気です。

役者さんはいい人揃えてるのに、ちょっとストーリーが残念。

 

なのに、何故毎回観てしまうのか!

 

と、大文字にするほどのことでもないのですが、

渡辺直美の魅力、これに尽きます。

彼女じゃなかったら、多分1話目でやめてたな。

本当にナイスキャスティングだと思います。

喜怒哀楽が手に取るようにわかる、ころころ変わる表情に、

シシド・カフカと並んでもけっして女としてひけを取らない華があります。

あと、あの体なのに何を着ても可愛い。

天賦の才能です。

カンナさんのファッションを観ているのも楽しいです。

 

カンナさんはわたしには持ち合せないメンタル力と悲壮感のなさなので、

観ていて純粋にうらやましくもあります。

毎話ぶち当たる壁に真っ向から向かっていく姿に、

なんていうか、スポーツ番組を観ているような感じ。

スポーツを頑張る若い子たちを見て元気をもらうっていうかそういう気持ちに似ています。

(ちなみにわたしは、オリンピックとか世界なんちゃらとかを見るのはけっこう好きなほうです)

 

ドラマの趣旨としても、『逃げない、負けない、くじけない』というポジティブを前面に押し出した感じなので、

視聴者としても正しい見方なのではないでしょうか(笑)

ただし、普段はポジティブの押し売りは苦手ですし、わたし自身は自己肯定感ゼロです。

そんなわたしでも毎回観られる魅力が、このドラマにはあると思います。

多分、よほどのことがない限り最後まで観てしまうと思います。

 

第4話以降は、カンナさんに新しい恋が!?という展開らしいですが、

恋の相手はゲイというベタなオチを予想して、この記事を締めくくりたいと思います(笑)

 

 

 
 

にほんブログ村 テレビブログへ