読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想です。たまに書きたいこと。

【ネタバレ】についての考察

海外ドラマ、映画、本などのレビューブログを始めて、

地味に最近悩んでいることがあります。

それは【ネタバレ】について。

どこまで言っていいのか、毎日試行錯誤しています。

 

海外ドラマなどは、感想ベースなので、

基本ネタバレ満載にしていますが、

本や映画のレビューなどは、今のところ、

なるべく大きなネタバレはしないようにしています。

 

 

 ちょうどそんなことを考えているときに、

こんな記事を発見しました。

 

 

omocoro.jp

 

 

私自身、まだ始めたばかりで、

手さぐりでやっていて読みにくい部分もあるとは思いますが、

これはネタバレなのかどうなのか、

けっこう真剣に考えてブログを書いています(笑)

 

 

昨日もシュレックのレビューを書いているときに、

これは言っちゃまずいよねって伏せた情報があったのです。

ネタバレなしって堂々と書いちゃってるけど、

ネタバレ否定派の言い分を総合すると、

完全にもうこの記事自体ネタバレですよね(笑)

 

 

meganetamago.hatenablog.com

 

 

 

私は個人的には、

ネタバレがあっても比較的楽しめるタイプで、

本でも映画でも、面白ければ何度でも楽しく読んだり観たりします。

ですが、やっぱり初見の時に作品の肝となる部分は知りたくないかなって程度です。

ネタバレ討論の記事によると、レベル3~4ってところです。

 

 

自分も、作品選びではレビューを読んで、

あらかじめある程度の情報は入れたいタイプだし、

そんな人が書いてるブログなので、

ある程度のネタバレは潜んでるかもしれません!

 

例えば、海外ドラマのエピソードごとの感想も、

例えば、シーズン1を観ていない人が、

いきなりシーズン2のあらすじを見ちゃうと、

そこに重要なネタバレが潜んでいることけっこうあるんです。

 

”うそ、トム(仮名)死んじゃってるじゃん(笑)"

みたいなこと、公式でも平気でやらかしています。

 

 

私は比較的平気なタイプなので、見ちゃったとしても、

全然楽しめちゃうので気にしてなかったのですが、

否定派の意見で不安になってきました(笑)

 

 

このブログにたどり着いている時点で、

完全ネタバレシャットアウトの人は居ないとは思いますが、

なるべく配慮して、これからも面白い作品があったら、

どんどん紹介していきたいなとは思います。

 

 

 

注:ネタバレには個人差があります。

 

 

ネタバレ否定派が多数決で負けてるし、

ってことで、まとめていいのかなぁ。

 

というわけで、これからも、

今の感じでやっていくことにしました。

末永くよろしくお願いします(笑)