読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想です。たまに書きたいこと。

【映画】デンジャラス・ビューティー 素直に面白かったです。

羊たちの沈黙が、すごくよかったので、

過去の名作で未見の作品を、

掘り起こす作業に凝っています。

 

羊たちの沈黙の感想はこちら

 

 

meganetamago.hatenablog.com

 

 

今日はちょっと疲れてしまって、

軽くて笑える作品が見たかったので、

レビューの高かった中からこちらの

デンジャラス・ビューティーをチョイス。

 

結果、気分にマッチしてたうえ、

とても面白く、満足感が高かったです。

 

 

デンジャラス・ビューティー 特別版 [DVD]

デンジャラス・ビューティー 特別版 [DVD]

 

 

 

2001年公開、サンドラ・ブロック主演のコメディ映画です。

タイトルとジャケットは見たことあったのですが、

全くノーマークでした。

 

主演のサンドラ・ブロックは、

少女の頃からものすごく正義感が強く、

勝ち気でがさつ、女子力は皆無なFBIの捜査官ハートを演じています。

まだまだ男女差別のある男社会のなか、

セクハラなども受けながら、

逞しく、そしてがさつに仕事していきます。

そんなハートが、爆破予告のターゲットに

されているかもしれないミスコンの潜入捜査官になることに。

 

自分を美しく見せることに無縁だったハートが、

周りに無理矢理美しくさせられ、ミスコンのメンバーに。

事件は無事に解決するのかというお話です。

 

これだけ聞くと、

元々すごい美人だけど、ブスなていの女の人が、

美人に生まれ変わるプリティー・ウーマン的華やかな

変身ストーリーがメインの話だと思うじゃないですか。

 

もちろんそれも重要な話の一つではあるのですが、

それはそこまでじゃなかったです。 

 

あくまで、メインは事件の解決であり、

 ハート自身が美しくなることに興味がなく、

あくまで捜査したいだけ!というスタンス。

 

サンドラ・ブロックが、

徹底したコメディエンヌぶりを発揮していて最高でした。

 

変身後の華やかさと完璧なスタイルはみごとでしたが、

とにかく勝ち気で、何度もいってますが、

がさつなところが面白く、何度笑ったことか(笑)

 

脇役もそれぞれ、いい味出していて、

作品を盛り上げてくれていました。

同僚の遊び人の男マシュー

成り行きでハートを美しく変身させることになる、

おネエのおじさん、ビクター。

 

ミスコンの出演者のメンバーたちも可愛いし、

ミスコン自体のシーンも面白かったです。

 

事件の話なので、悪役はもちろん出てくるのですが、

全体的に毒のないスッキリとしたコメディです。

アメリカ映画ってこういう楽しさだよね!

って思える一作でした。

 

気軽に観られて楽しい気分になれました。

 

昔は、全体的にくらーい話が好みで、

そういうのばっかり観ていたので、

コメディからはまだまだ掘り起こしができそうです。

 

デンジャラスビューティー2の予告も面白そうだったので、

引き続き観てみようと思います。