たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想です。たまに書きたいこと。

ウェントワース女子刑務所のすすめ【ネタバレなし】

Huluオリジナルのオーストラリア制作の海外ドラマです。

 

www.hulu.jp

 

まずは、あらすじをざっくりとご説明。

 

 思春期の娘を持つ主婦のビーが、

クズ旦那のDVに耐えかねて、

事故に見せかけて殺そうとするが失敗。

DVの発覚を恐れた旦那と共謀して、

無実を主張するも、刑務所に収監される。

個性的な女犯罪者たちの中に突然放り込まれ、

刑務所内の犯罪者や、看守たちと

なるべくかかわりを持たず、

静かに過ごそうとするビーだが・・

 

ってところです。

ざっくりしすぎなのですが、

ネタバレになると大変ですので(笑)

 

 

今となっては、がっつりハマっている、

『ウェントワース女子刑務所』ですが、

実は1話から3話を観た段階で、

数か月放置してました。

 

理由は、静かすぎたからかなー。

とにかく、続きはいいかなってなってました。

 

海外ドラマあるあるなんですが、

わたしの場合、

名前と顔が一致せず、

話が頭に入ってくるまでに、

まず時間がかかります。

 

刑務所内での派閥争い、

地味な画面、地味な役者陣

刑務所の閉塞感、

びくびくしてる主人公にどうも気持ちが持っていかれなかった。

 

 なぜ、続きを観ようかと思ったか。

海外ドラマのブログを読み漁っているときに、

 

推ししてるブロガーさんが居たから(笑)

 

もう1話~3話の展開も忘れかけていた程で、

我慢して続きを見始めて二話ぐらい経った頃、

衝撃の展開があり、

ぐんぐん主人公に生気がみなぎっていきます。 

 

そこからは、もうどハマりです。

役者さんたちにもなじみが出てきて、

 シーズン3まで飽きることなく見続けられました。

続き見てよかったー。本当によかったー(笑)

 

リアリティがないような話なんだけど、

リアリティあるように見せる脚本と、

リアルな世界に見せる役者さんたちの力量。

 

Huluでシーズン4の配信も今月から始まるので楽しみすぎます。 

 

 

 

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ