たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想です。たまに書きたいこと。

【本】グロテスク(下) 桐野夏生 感想

グロテスク(下) 桐野夏生著 読了しました。

 

 

グロテスク〈下〉 (文春文庫)

グロテスク〈下〉 (文春文庫)

 

 

 

グロテスク(上)の感想はこちら ↓ ↓

 

 

meganetamago.hatenablog.com

 

 

『グロテスク』をやっと読み終えることができた。

上巻は無心で読んでいたが、下巻は上巻とはがらっと変わり、

読んでいる間に、様々な感情が押し寄せてきて、

今わたしは、とにかく悲しい。

 

 殺人事件の加害者と被害者の語りでがメインで進み、

こちらも上巻と一緒で全て主観な為、

どこまでが真実で、どこまでが虚言なのかわからない。

下巻では、それぞれの登場人物売の敵意や悪意が、

社会と男性と自分自身にまるごと向けられている。

 

 

グロテスクに登場する主要な四名の女性、

名前のない地味な女【わたし】、

【わたし】の妹で、美貌という武器を持って生まれた【ユリコ】、

【わたしの同級生】で優秀な【ミツル】、

同じく同級生で努力が本人の望む結果につながらない【和恵】。

 

もし、グロテスクを読んだ女性の中で、

この四名に一ミリも共感することのできなかった女性は、

多分とても幸せな人生に恵まれている人だと思う。

だいたいの人は、【わたし】であり、【ユリコ】であり、

【ミツル】であり、そして【和恵】でもあると思うからだ。

 

決して、不遇ではなかった四名の女性が、

それぞれにもがき、幸せを求め続けた結果の不幸が切ない。

 

 

 

エリートOLは、なぜ夜の街で体を売り、

そして殺されなければならなかったのか。

 

 

特に東電OL殺人事件の被害者をモチーフとして描かれた登場人物、

和恵の語りは、悲しすぎて途中泣きそうになった。

家族問題、会社、夜の仕事と、悲しい場面は色々あるのだが、

わたしの悲しさを特に誘ったのは、和恵のこんな一言だ。

 

~仕事ができたって、女として可愛くないのだったら負けってことなのよ。

 あたしは負けたくないの。~

 

優秀な女に生まれてきたことにより、余計な荷物を背負ってしまった、

勝つことにこだわり過ぎて、道を踏み外した和恵。 

人から評価されることだけに価値を見いだし、努力もした。

社会に出てからは、男性社会に真っ向から挑んだ。

そして、あえなく敗北し、それでも男という性を渇望して、

必死に生きた不器用で、孤独すぎる女の末路。

 

全く希望のない、闇ばかりの作品なのに、

何故か必死に生きろと励まされた気がする。 

桐野夏生がこの作品で訴えたかった女として生きる悲しさを、

どこまで私が受け止められたのかはわからない。

 

ただ、自分自身に向けている敵意や悪意は、

これを機に少し緩めてみてもいいかなとは思えた。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 本ブログへ