たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想です。たまに書きたいこと。

【映画】後妻業の女 感想 後妻業は罪か否か。大竹しのぶの独壇場映画。

『後妻業の女』のレビューです。

 

後妻業の女 DVD通常版

後妻業の女 DVD通常版

 

 

公開当時からずっと観たかったのですが、劇場に観に行くほどじゃないかなと思っているうちに公開が終わってしまい、レンタルを心待ちにしていました。

 

後妻業とは映画によると、資産家で先行きが短そうな男を狙い、色仕掛けで妻の座をいとめ、自然死や故意による死によって妻の座を利用し、その資産や遺産をごっそりもらう商売とのこと。

 

昔から、定期的にこういう女が捕まって世間をにぎわしますよね。

結婚詐欺的なこともあるし、保険金詐欺的なこともあるけど、その女を妻に娶り次々と謎の死を遂げる男たち。

この後妻業の女に近い話は京都連続不審死事件です。

正直ものすごく興味があります。

どうして男たちは、特に美貌に優れているわけでもない女に簡単に落ちてしまい、金どころか命まで奪われてしまうのか。

旦那の死亡は自然死なのか、映画のように本当に故意によるものなのか。

 

 

前置きが少し長くなってしまいましたが、こちらの作品の内容に話を移します。

テンポもよくて、中だるみもなくて最後まで一気に興味深く観ることができました。

 

映画ののストーリーとしては、お金を持っていて人生を謳歌してきた豪傑なエロじいさんに、一抹の色っぽい夢を与えてお金をむしり取るお金大好きな女のお話です。

【後妻業の女】役は今更わざわざ説明するまでもないですが、大竹しのぶです。

強がって気張っているわけではなく素で後妻業を淡々とこなす感じ、悪党というより良心が欠落している感じ、生命力と欲に溢れているさまが見事でした。

その後妻業の斡旋というか後妻業のパートナーに、結婚相談所の実業家役に豊川悦司。気が小さいエロ悪党ぶりを好演。

その他のキャストに、後妻業のターゲットになる男たちに、津川雅彦、伊武雅人、笑福亭鶴瓶などが出演、女性では、後妻業の女を追いつめる被害者の娘役に尾野真千子がメインキャラ。

全て大竹しのぶの独壇場を盛り上げる面々にしか思えなかったです。

大竹しのぶの女優としての力量の高さなのか、後妻業の女としての素質の高さなのか、とにかく大竹しのぶがすごかったって感じですね(笑)

ただし、映画のラストとしてはちょっと切ない感じで終わります。

後妻業は罪か否か。

 

 

もしも自分の身内が資産家で、早くに妻を亡くし後妻業の女に狙われてお金をむしり取られたらと少し考えてみました。

故意で命を奪ったられっきとした犯罪ですが、もし仮に遺産目当てであったにしろ、

愛がなくても仕事として妻としての役目を全うし、老後の独り身のさみしさを少しでも埋めてくれる存在であったとしたら。

これを書きながら、往年の某大物コメディアンの超年の差婚を思い出したわけですが、彼らはなんだかんだ言って結婚してから何年も経つし、

仮に遺産目当てだったとしても、本人がそれでよければほっとくしかない。

 

バカな身内だとは思うかもしれませんが、たとえ家族であったとしても、伴侶という存在でしか埋められない何かっていうのは存在すると思うのです。

でも実際問題、個人的に後妻業に狙われるような資産のある男と関わるような生まれでも育ちでもなかったのは不幸中の幸いなのかな。

大竹しのぶのような女と戦うようなことはこの先死ぬまでなさそうなので(笑)

人間の心の闇をつく犯罪というのはたくさん存在しますが、根深いものでこの先もそういった犯罪は減るどころは増える一方のような気がすると、映画を観て思いました。

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ