たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想です。たまに書きたいこと。

スパイダーマン:ホームカミングの公開が楽しみすぎる!っていうだけの話

(※注意・今回の記事は、本当にスパイダーマンが楽しみなだけの話です)

 

あー、毎日の職場が辛い。仕事はそうでもないけど、職場が辛い。

みなさん色々仕事にストレスも抱えていると思いますが、わたしもその一人です。

ユーチューバー年収3億~5億とか聞くと余計辛さが増すばかり。

毎日不毛すぎて辛い。

毎朝、上司に『宝くじ10億円当たったので仕事辞めます』って言うイメトレをしながら会社に来ています。強く願ったことは叶うっていうし。

 

 と、愚痴はこのへんにして、そんな辛い日々に潤いを与えてくれるわたしの趣味が映画や海外ドラマなわけですが、

美女と野獣を観に行った時やっていた、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックスの予告編を観てからマーベルにハマり、生活もだいぶ変わりました。

 

 

meganetamago.hatenablog.com

 

 

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品を時系列にアイアンマンからドクター・ストレンジまで見たし、

ガーディアンズは都合3回劇場で観ることになったし、

ちょうどタイミングよくマーベル展もやってたからもちろん行って、

しまいには、グッズを買い集めにディープな場所にまで足を運ぶことになったり、

行動範囲も変わったりして、沼にハマるということはこういうことなんだなと実感しています。

今年、マーベルがなければ夏を越せなかったかもしれない(笑)

(関連記事:今までのマーベル関連の記事一覧

 

 

というわけで、ここに来てスパイダーマンの新作が来月公開なわけですよ!

 

 

www.spiderman-movie.jp

 

今までのスパイダーマンなら、こんなに楽しみじゃなかったと思うんです。

むしろ観に行かなかったかもしれない。

なぜなら、今までマーベルコミックスのキャラでありながら、スパイダーマンは別ルート(sony)だったからです。

そんなスパイダーマンがこの度、マーベル・シネマティック・ユニバースのメンバー入り!(祝)

ホームカミングにはそういう意味も含まれているとか。

そういったわけで、今夏ようやっと、

 

初めてアベンジャーズメンバーを劇場で観られることになったんです。

 

(※ガーディアンズはまだアベンジャーズには出てないので)

 

ガーディアンズで初めてIMAXを体験して、最近の映像技術に度胆も抜かれました。

MCUシリーズを観ながら何度、劇場(3D)で観たいと思ったことか!

飛ぶアイアンマン、今はアベンジャーズのマークがついているけどスタークタワーを大画面で初めて観られると思うと、ワクワクが止まらないです。

 

 

シビル・ウォーでちらっと出ていた新しいスパイダーマンもすごく気に入ったし

予告を見たところ、シビル・ウォーのシーンも出てきそう。それでますます楽しみに。

それに、子ども(少年)と絡むトニーが面白くないわけがない。

 

今回はスパイダーマンなので、今までマーベル系を観たことがない人も観に行くと思うんですよ。

しかも、スパイダーマン新しい人だし、今まで観たことなくても大丈夫そう!って思って。

全然大丈夫だと思います。面白いと思います。

スパイダーマンのしなやかな身体能力を迫力のある大画面で観るだけでも楽しいと思います。

初めて見るアイアンマンも、なんだかわからなくても楽しいと思います。

そもそも、ファンであるわたしですら、ストーリーがなんだかわからないことも結構あります(笑)

でも、トニー・スタークが出て、アベンジャーズの話が出る以上、

 

今までのアベンジャーズの流れ知っていたほうが更に楽しいですよ!(たぶん)

 

今から観れば公開まで間に合いますし!

まー、逆に今回のスパイダーマンから入って、アイアンマンからスタートする人も続出しそうですが(笑)

MCUシリーズの作品は容赦なく、今までシリーズを観たことない人を置き去りにします。

『わかる人にだけ、わかればいい』が結構あるんです。

余力のある方は、観てから行くのをおススメします。

(詳しくは、マーベルシネマティックユニバースで検索)

 

なにしろ、個人的にスパイダーマンの公開の頃は仕事もひと段落している時期で、気持ち的にも今よりはゆとりがありそうだし、

劇場で観た予告からしてめちゃめちゃよかったので、新作スパイダーマンはわたしにとって今の生きる糧。

辛い仕事を乗り切るための、目の前にぶら下げられた人参です(笑)

 

というわけで、スパイダーマン:ホームカミング公開が本当に待ち遠しいです!

 

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログへ